マンガばっかり

マンガ批評

メッシュ

メッシュ(第1巻)
★★★
萩尾望都の中篇作品。
悪くないです、でも、「絶対読んでくれ」という本でもないです。
これは手塚治虫にも少女マンガの手塚治虫にも共通で言えることだけれど、人気があって面白い傑作というのと人気もあまりないしあまり面白いわけでもない作品というのがある。
でも、いいかげんに描いているから面白くなっていないという作品もある一方で、ちゃんと描いているのだけれど、「構造的に」人気作にはならなかったという作品があると思うのだ。
例えば美術の実習の時間が退屈で退屈でしょうがないという人はあまりいないと思うけれど、美術史だとか美術概論だとかの時間になると、眠くなってしまうのが人情…
それはいいとか悪いとか、必要だとか不必要だとかではなくて、もう構造的なものだと思う。
だから萩尾望都をより面白く深く読むために読んで欲しい作品、ということにしておきたいと思います…