マンガばっかり

マンガ批評

淡島百景


★★★★
志村貴子のマンガ。
少女マンガがやることをやりつくし、かといって百合もBLも一般の認知が上がり、そろそろ飽きられ始めているとなると、戻る場所は日常。
しかし、日常を日常として描くだけではエンターテイメントとして、わざわざお金を払ってまで読んでくれる人がいないので、かくのごときポストマンガ的マンガが生まれるのだろう。
ブコメと百合とBLの後に、それを現実社会に嵌め込んだらどうなるのかというあたりがおおよその志村の方法なのではないかと思う。
宝塚歌劇団をイメージしながらの作品だと思うが、実際に、これほどわかりやすいドラマはないにしても、実際のところは多かれ少なかれ、こんな感じなのではないかなぁとも思う。
オムニバス形式で、時代も錯綜し、個々の人物が混じり合っていて読みにくいのは困るのだけれど…
(No.929)